海ごみの問題点

Problems

海洋生物や水産業などへの影響

漂流ごみは漁網や漁具に被害を与えるほか、漁船のプロペラに絡まって安全航行に影響を与えたり、船体が流木などの大型ごみと衝突する危険もあります。
海底ごみは海底に生息する魚介類をはじめとする海洋生物が絡まったり、漁網や漁具への絡まりなどにより漁業への影響が懸念される厄介なごみです。
漂着ごみは、海岸の景観を悪化させるばかりではなく、海岸に生息する動植物の生息・生育に影響を与えるほか、特にプラスチック類に含まれる有害物質により海岸自体が汚染されることが懸念されています。

生物への絡まり

誤飲・誤食による斃死

船のスクリューへの絡まり

マイクロプラスチックを含むプラスチック類による環境汚染

プラスチックは然に分解することはなく、長い間紫外線や波浪などにさらされることによって劣化し、割れたり砕けたりして破片化します。小さな破片が海に出て行くと回収することはほとんど不可能です。細かくなったプラスチック類のうち、5mm以下の大きさのものを「マイクロプラスチック」と言います。プラスチックは、製品化する際に難燃剤などの添加物が加えられている場合があり、添加剤の中には有害なものもあります。

プラスチックは石油製品であるため海水中のごく微量の有害物質(PCBなど)を吸着しやすい性質があります。マイクロプラスチックは、とても小さいためにプランクトンや魚類などが餌と間違えて摂取する(誤飲・誤食)事例が報告されており、東京湾でも煮干しの材料となるカタクチイワシの消化管から発見されています。マイクロプラスチックを誤食した魚類の体内に、どの程度の有害物質が取り込まれ、それを食する人類への影響程度などはまだわかっていません。しかし、将来的には人類への健康に影響を与える可能性が懸念されています。

これらプラスチック類の環境影響を低減するため、自然界に出た後は自ら分解する性質を持つ「生分解性プラスチック」の利用が指摘されていますが、価格が高いなどの理由によって、未だ広く普及するに至っていません。それ故、プラスチック類を含む海ごみについては、海に流れ出ないような発生抑制対策が必要なほか、一旦海に流れ出て海岸に流れ着いた漂着ごみについては、マイクロプラスチック化する前に回収・処理し、海洋環境の保全を図って行く必要があります。また、海岸環境保全のためにも、漂着ごみから有害物質が砂浜などに溶出する前に、できるだけ早く回収することが重要です。

楽しい漂着物

ビーチコーミングにより、自分の好きな漂着物を探す楽しみがあります。ビーチコーミングとは、ビーチ=浜を、コーミング=櫛で削るように歩き、自分の好きなものを探す楽しみ方のことです。 例えば、次のようなものに出会えることがあります。

シーグラス

砕けたガラス片が、波や海岸の砂や岩によって削り取られ、きれいなガラス片となっているものを指します。これらを使って、アクセサリー、ランプシェイドなどのアート作品を作るのも楽しみです。

モダマ

モダマは屋久島以南の西南諸島、東南アジア、太平洋諸島の海岸部のマングローブ林や常緑樹林帯に生育する大型のマメ科植物です。莢(さや)の長さは1m以上にもなるだけに種子=たねも巨大で、直径が5~7cm ほどあります。そのたねであるモダマは褐色で平たく、光沢があってたいへんに美しく、ペンダントや装飾品として広く利用されます。

さまざまな種類の貝

神秘的な色彩と造形を宿す貝を、私たちの祖先は貨幣や装飾品などさまざまな形で用いてきました。

その他

南の島より流れ着いたヤシの実。童謡の歌詞が思い出されます。

漂着ごみを使ったアート作品を作成することも楽しい遊びです。大きなものを作るのは大変ですが、小さい作品からお試しください。
漂着ごみによるアートは、様々な地域で、様々な作品が作られていますが、ここでは2011年3月11日に起こった東日本大震災で漂着したごみを用いて、子ども達が楽しいオブジェクトを作成した事例がありますので、ご紹介します。

pagetop